新潮講座

【10月期】仏教東漸史――インド、シルクロードから大和まで――
 

釈尊の入滅(BC480年頃)後、仏教僧伽は上座部と大衆部に分裂した。上座部はスリーランカ・ミャンマー・タイ・カンボジア・ラオスなどに南伝した。一方で西域地方・中国・チベット・朝鮮に伝来した北伝仏教は、中国で華厳、法相、三論、律、天台、真言、浄土、禅に開花した。この中国仏教を受容した日本仏教は、聖徳太子以来、僧俗ともに研鑽を重ね、日本独自の仏教を創造し、日本人の霊性、芸術、文化の発展に大きな影響を及ぼした。この講座では、釈尊の根本思想がガンダーラや西域でギリシャ思想と邂逅し、大乗仏教となったルーツを探求したい。そして、インドから日本まで東漸した2500年の仏教史を辿ってみたい。


【日時】 ※期の途中からの一括受講(税込3,300円×受講回数)(webからお申込み頂けます)、1回毎の「個別受講」(税込3,630円/1回※電話のみのお申込みとなります)が可能です。詳しくはお問い合わせください。
2019年 10月10日(木)、 10月24(木)、 11月14日(木)、 11月28日(木)、 12月12日(木)、 12月26日(木)
各 15:30~17:00
全六回

(教室開場は30 分前です)

【受講料】
【一括受講の方】19,800円(税込 3,300円×6回分)
【個別受講の方】税込3,630円/1回 ※お電話でお申込み下さい。

神楽坂ブック倶楽部(KBC)会員は受講料が5%割引になります。

【各回の内容(予定)】
第一講 10月10日(木)初転法輪
第二講 10月24日(木)ガンダーラ美術/シルクロードの歴史/中国への仏教伝来
第三講 11月14日(木)敦煌の歴史/中国仏教の宗派――華厳宗と律宗
第四講 11月28日(木)中国仏教の宗派――天台宗と密教
第五講 12月12日(木)中国仏教の宗派――浄土経と禅宗
第六講 12月26日(木)日本への仏教伝来

​お申込みは新潮講座サイトからお願いします。

© 2023 by International Mandala Association

  • facebook-square
  • Twitter Square